異常を感じたらすぐに相談|新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

レディー

異常を感じたらすぐに相談

倉庫

いつも通りシャッターを開け閉めしようとした時に変な音が聞こえた、シャッターが下がらなくなった、または上がらなくなったなど、もしかしてシャッターの故障かな?と思った時はまずどんな状況かを確認しましょう。シャッターからキーキーという音がなる場合は、錆止めをスプレーすることで解決することが多いですが、もしもシャッターボックスからドンドンという音がなった場合は要注意です。シャッターが中で巻き込んでいる可能性があります。そしてよくあるのが、シャッターが下がらなくなった、上がらなくなった場合です。ガードレールといわれる支えの部分にシャッターが引っかかってしまっていたり、ケースの中で部品が緩んでしまっていることが考えられます。電動シャッターの場合は安全装置やリミッターが作動している可能性が考えられます。危険な場合もあるので、すぐにシャッター業者に相談しましょう。また、長年使っているシャッターの場合、開閉が重たくなることがあります。部品の状態にもよりますが、巻取り部分が痛んでいなければ調整で軽くなることがあります。劣化やサビで痛んでしまっているシャッターは、修理ではなく取替が必要になる場合が出てきます。修理することで、取り替える必要がない場合もあるので、異常を感じたら修理業者にまずは相談することが大切です。手動シャッターを電動シャッターにすることも、種類によっては可能なので、電動式に切り替えたいと考えている場合は、修理と合わせて相談するのも良いでしょう。