定期的に点検しよう|新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

レディー

定期的に点検しよう

ヘルメット

シャッターの寿命は、使い方やそのメーカーにもよりますが、手動式で10年、電動式で20年程度と言われています。メンテナンスをこまめにしていれば、その分長く使用することができます。スチール製シャッターの場合、頻繁に水洗いをしてしまうと錆びてしまって寿命を縮めてしまいます。乾いた布やよく絞った雑巾で拭くことでメンテナンスができます。ステンレス製、アルミ製のシャッターは水洗いでも問題はないので、汚れが気になる時は水をかけて洗うのも良いでしょう。一年に一度、オイルアップをするとシャッターのトラブルが少なくなります。シャッターを開け閉めする時に、大きな音が鳴るようになってしまった場合も修理が必要です。フレーム部分のサビや歪みなどが原因になりますが、早めに修理を依頼することで比較的修理費用を安く依頼し、費用を抑えることができます。音がうるさいと、ご近所の迷惑にもなってしまいます。また、シャッターのローラー部分が錆びついている状態で長期間使用すると、部品の消耗、取っ手の部分が破損する場合があります。破損してしまうと取り替えや大きな故障に繋がることもあるので、この場合も早めに修理を依頼することが大切です。開け閉めする時にシャッターが重い状態のまま放置していると、突然開かなくなったりすることがあります。店舗の場合だと、開店時にシャッターが開かないとなると営業もできなくなります。無理に開けようとしてしまうと、更に大きな破損や怪我や事故にも繋がるので、シャッターが重くなったなと感じたらまずは修理業者にメンテナンスを依頼しましょう。