ガレージシャッターを選ぶ|新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

レディー

ガレージシャッターを選ぶ

工具類

大切にしている車を、どのように管理しているでしょうか?ガレージがあるのなら、そこで管理するのが理想的です。しかしガレージにシャッターがついていない場合、大切な車を守ることは難しいでしょう。住宅地で車へのいたずらはたまに耳にします。ボディに傷をつけられる、タイヤがパンクさせられているなどです。さらに台風などの自然災害、海の近くだと塩害で車が錆びてしまったりもするでしょう。自分の車を守るために、ガレージシャッターを設置することは非常に有効です。防犯にも、防雨や暴風からも大切な車を守ることができます。設置が決まれば、シャッターを選びましょう。ガレージシャッターにも色々な種類があります。巻き上げ式で、ガレージ室内に設置するシャッターが一番メジャーなものになります。シャッターボックスに収納されるので、見た目もスマートです。手動と電動があって、汎用性が高く、さらに開閉音も小さいので住宅街でもご近所の迷惑にはなりません。もし自宅の車が大きく、ガレージも広いのでしたら、オーバースライダータイプもあります。開口が大きいガレージに使用されるシャッターで、扉を天井に沿ったレールにスライドさせることで収納することが可能です。さらにゲート型と言い、ガレージ側に格子状になっているシャッターが付いているものもあります。外側に防犯用のパネルシャッターを組み合わせた仕様です。さらに防犯を意識するならゲート型も良いでしょう。メーカーによっては木製のものからスチール製と種類も豊富なので、見た目のデザインにもこだわりたい人でも満足できるラインナップです。