新たにシャッターを設置するのも新品に取り替える事も可能です

メンズ

ガレージシャッターを選ぶ

工具類

ガレージにシャッターを設置することで、大切な車をいたずらや防雨、防風、塩害などから守ることができます。ガレージや車に合わせて、シャッターのタイプを選びましょう。

View Detail

異常を感じたらすぐに相談

倉庫

開け閉めする時に変な音が聞こえたり、何かが引っかかったようでシャッターが上がらなくなったなど、異常を感じたらまずは相談しましょう。取り替えずに修理だけで使い続けることが可能です。

View Detail

シャッターを設置したい

シャッター

朝や夜、道を歩いているとシャッターを閉じている店舗やガレージなどをよく見かけます。店舗や自宅の防犯のためにシャッターを設置している場所も多いです。まだシャッターが設置されていないけれど、これから取り付けたいという店舗や自宅でも設置することが可能です。防犯への意識が高まっている今、シャッターを設置することを検討されている人は多いです。シャッターを設置することで安心を得ることができますし、防犯にも繋がります。また、一言にシャッターと言っても、メーカーや種類は沢山あります。最近では軽量化され、さらに電動式のものもあります。電動式なら、リモコン1つで開け閉めができるのでとても楽でしょう。少し予算を上げると開閉スピードが、通常のものよりも早い電動式シャッターもあります。予算に合わせてシャッターを選びましょう。シャッターの開け閉めが大変だった、古くなってきたから新しい物に取り替えたいといった時でも取り替え工事で設置することが可能なのです。サイズによってお値段は変わって来ますが、一般的なシャッターだと10万円前後、電動式でも20万前後から取り付けができます。このお値段で防犯になるのならそんなに高い買い物ではありません。

シャッターは色も選ぶことができます。外壁に合わせて選ぶことができるので、設置場所に色を合わせることができます。さらに店舗の場合、シャッターに店舗の広告を載せるところもあります。閉店後、シャッターを閉じている場合でも店舗の宣伝になりますので、新しくシャッターを設置する時はこの方法も視野に入れてみるのもおすすめです。

定期的に点検しよう

ヘルメット

シャッターを長く使い続けるためには、定期的なメンテナンスと、異常を感じた時は早めに修理業者へ相談することが大切です。早めに行動することで修理費用を抑えることもできます。

View Detail